梅栗植えて所得を増やそうと図ったもので「働くねがい」が込められています。
「梅栗植えてハワイに行こう!」というキャッチフレーズのもと、大山町が゛農業革命゛というべき第一次NPC運動に取り組み始めたのは昭和36年。農地に恵まれぬ山村の宿命として、土地収益性を追求、耕地農業から果樹農業、さらに高次元農業へと転換を図ってきました。この間労働条件の改善にも積極的に取り組み、軽労働、省力労働に適する作目を奨励現在では、半日で農作業が終了する"週休三日農業"を目指しています。

 

新しい人格の結合体を目指そう、それにはまず豊かな心・教養・知識をもった人づくりだというわけで、その精神が「学ぶねがい」になっています。
昭和40年にスタートした第二次NPC運動は、所得ばかりでなく心も豊かな人を作ろう!という運動で、いろんな催しや行事をやる中から切磋琢磨、お互い人間を磨きあって行こうというものです。そのために、町役場には自学自習の生活学園と有線テレビが施設され、民度の向上を進めています。また、"習慣付け学習"として、恒例行事の各種イベントを催しています。農協は"体験学習"に重点をおいて住民に国内や海外研修旅行をすすめています。ハワイ・中国・イスラエルとそれぞれ友好関係を結び、親善交流を盛んにしています。また、国内はもちろん海外からも友人が来訪し、民泊をして親交を暖めています。そのため農協は低利の旅行ローン・無料のカルチャーバス・農業後継者への育英資金を設けるなど便宜を図っています。

 

大山パラダイスを築こうという遠大な目標です。大山に住む人びとがより楽しく暮らせるよう環境をつくっていこうということで根底に「愛のねがい」があります。
第三次NPC運動が始まったのは昭和44年でした。所得向上の目標が達せられ、豊かな心をもった隣人に恵まれてもなお若者が大山にとどまろうとしないのはなぜか....。それは都会に比べて文化・娯楽・教養などの環境整備があまりに遅れているからではないのか。田舎に暮らしていても都会のような文化的生活を享受できるようになれば....、逆に農村こそ真のパラダイス、理想的な生活圏になる!そう考えたところからこの運動の取り組みが始まりました。そのため環境整備をどうするか。まずそれぞれの生活行動半径内に利用しやすい便利な文化生活施設が集積されていなければダメだ、ということから大山を八つの文化生活団地に分けています。五分ぐらいの時間で用が足せる距離を生活行動半径としたエリアで、ここにそれぞれ文化生活施設を集積していこうという考えでした。そうして施設をそつなく活用し、楽しく暮らすためにコミュニティ運動をすすめ、運命共同体としての親密感情の復元につとめています。
 
 
 
 
HOME | 農産物情報  | 組合長エッセイ | 経営理念 | NPC運動 | 産直倶楽部(Webショップ) | 木の花ガルテン |
 
   

個人情報保護法に基づく公表事項  

JAバンクの苦情処理措置および紛争解決措置について 

ディスクロージャ  

 

 
 

内容に関するご意見・ご感想・お問い合わせは
E-mail kanri@oyama-nk.com 宛にお問い合わせ下さい。
大分県日田市大山町西大山3487  Tel 0973-52-3151 fax 0973-52-2448

Copyright reserved 2001 oita-oyama noukyou