梅干の作り方

大山農産物情報

農家おもてなしレシピ

ハーブレシピ

  • きのことクレソンのドレッシング和え
  • ヘル椎マッシルクのマヨネーズ焼き
  • チキンのディアブルローズマリー焼き
  • ハーブのスコーン

梅みつ柚子みつレシピ

  • 水割り
  • 牛乳割り
  • 酢割り
  • 梅ゼリー
  • 梅酒

野菜・果物のマメ知識

 
 

梅干の作り方

材料 (塩分ひかえめの漬け方です)
  • 梅・・・3kg
  • ミネラル塩なぎさ・・・360g程度(梅の15%程度、初めての方には12%以上をお勧めします。)
  • 焼酎・・・1.5カップ
  • もみしそ(300g)・・・3袋 生の赤しそ葉を使う場合は、別の処理をしてください。また、下記の材料が必要になります。
  • ミネラル塩なぎさ・・・(赤しその約5%程度)

 

※熟度のすすんだ梅は、水に長く漬けると、果肉が変質することがあります。水洗いは手短に

 

 

1水洗い

  • 梅はつまようじなどでヘタを取り、サッと水洗いし、ザルに上げ、水気を切る
  • 熟度の進んだ梅は水に漬けない事
  • きれいなフキンで梅をふく。

2塩と容器に詰める

  • 容器の底が見えなくなるくらいに塩をふり入れる。
  • 梅をひと並べして塩をふり、梅と塩を交互に入れる。
  • 最後の塩は多めに残しておく

 

3焼酎を入れる

  • 焼酎を容器の縁から注ぎいれ、残しておいた塩をふりいれる。

 

 

 

4落し蓋

  • 落しブタ(鉄釘がないもの)をして重石をする。
  • 4〜5日漬ける。
  • 1日1回は重石を取り、容器をゆすって早く塩を溶かすようにする。
  • こうして梅の果汁(白梅酢)が除々に増えていきます。

5重石を軽くする

  • 白梅酢(塩漬けした梅の漬け汁)が落し蓋の上まであがってきたら、重石を軽くする。
  • 落し蓋がかぶる程度でよい。
  • 赤しそ葉を使われる方はこの状態で赤しそ葉が出回るのを待つ。(白梅酢はけっして捨てない)

6しそをのせる

  • しそは梅の上全体にフタしたように広げてのせる。
  • 赤しそ葉を使う場合は別項の処理をした後、梅酢も容器に入れる。

 

 

7重石をのせる

  • 落し蓋をして、全面に軽い押しがかかるように重石をのせる。
  • 梅酢が赤しその上まであがるくらいの重石をする。

 

 

8風通しの良い場所に置く

  • 虫が入らないようにフタをし、土用(7月20日ころ)まで、日の当たらない風通しのよい所に置く。
  • フタがない場合は新聞紙をかぶせてきっちりとひもで結ぶ。

 

9梅を干す

  • 土用の頃、晴天の続きそうな日に梅としそを干す。
  • 梅は時々上下を返して日に干し、夜は取り込む(雨や夜露にあてない、梅酢にもどさない)
  • 3日間これをくり返し、4日目は梅酢を容器ごとに天日に当て、夕方温かいうちに梅、しそを容器(梅酢)に戻す。
  • 再びフタをして、日の当たらない涼しい所に保管する。
  • 2〜3ヶ月くらいから食べられる。
  • 塩辛く仕上がったら食べずに置く。日を重ねるほどに塩かどが取れる。

 

 
 
 
 
 
 
HOME | 農産物情報  | 組合長エッセイ | 経営理念 | NPC運動 | 産直倶楽部(Webショップ) | 木の花ガルテン |
 
   
□個人情報保護法に基づく公表事項
   
   
ディスクロージャ
   
 

内容に関するご意見・ご感想・お問い合わせは
E-mail kanri@oyama-nk.com 宛にお問い合わせ下さい。
大分県日田市大山町西大山3487  Tel 0973-52-3151 fax 0973-52-2448

Copyright reserved 2001 oita-oyama noukyou